マンションの管理を依頼する業者は防災対策をチェックする

マンションを安全に管理するためには、災害への備えが必要です。地震や台風などの自然災害はもちろんのこと、ゲリラ豪雨や竜巻への準備も必要です。火災への対策が防災の基本にありますので、火災が発生してしまったときのための行動マニュアルが作成されているかチェックしましょう。管理組合が指揮して災害時のためのマニュアルを作成している場合もありますし、業者に依頼して行動マニュアルと連絡経路を作成している場合もあります。地震が原因の火災は火災保険の対象外ですが、台風やゲリラ豪雨と竜巻といった風水害は火災保険の補償対象です。業者と連携していることが不可欠ですから、いつでも入居者が災害発生時に連絡できる体制を確立しておきましょう。連絡先は電話とメールの両方で確認するのがコツです。

自然災害時の対策マニュアルはマンション全体で作成を

地震が発生したときの被害状況は、各世帯ごとに調査をしておいて、連携して報告すると良いでしょう。あらかじめ話し合っておくのが理想的です。地域性も影響してきますので、地域活動の一環としての地域の役員会や組合との会議に参加しておくと、災害時にすべき対策が決められているかが判明し、内容と状況を把握しやすくなります。 個人でできる対策も多いのですが、一棟単位で防災を考えることも大切です。災害時には行政との連携も必要になりますから、提携している業者から行政へ報告するなど手続きを簡易化できます。 防災訓練を実施している地域の自治会と、市町村役場の災害対策担当者と連絡を取り合える環境に整えておくことが大切です。入居者による集会や会議で定期的に話し合える環境にしておくと利便性も高まります。

マンションの管理を専門家に依頼するなら

専門家に依頼するメリットは、客観的にレベルを把握できる点にあります。修繕積立金と同様に、災害対策予算も積み立てられていれば良いのですが、現実には容易ではありません。火災保険と地震保険を契約している会社と連携するのも良い方法です。 専門家ならではの改善策も提案してもらえます。防犯であれば防犯カメラや監視カメラの設置と映像録画が効果的であり、防災であれば各世帯との非常時の連絡先の把握と緊急時の消防警察への連絡先の一元化が効果的です。 自治会の代表が行政と連絡しあえるように、契約している専門家と連絡しあえれば心強いです。専門家ならば災害の被害に対する補償交渉でも心強いです。実際の被害の把握と、保険対象と補償対象とを関連付けて報告できるからです。保険会社との交渉も考慮しておくと、防災対策は万全です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加